押さえておきたい基本の布の種類〜天然繊維編〜

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


一言で「布」といっても、その種類は様々です。手芸屋さんなどに行って、自分の目で見て、触って布を購入する分には、イメージ通りのものを選ぶことができると思います。しかし、ネットで布を購入しようとすると、その特徴を理解していないと、思っていたものとは違う質感の布を選んでしまうこともあります。今回は、たくさんある布の中でも「天然繊維」である布について、ご説明していきたいと思います。

天然繊維と科学繊維

2457f79dc3d4515e7d4138daf23073b6_s
布は、糸を縦横に織って作られています。その糸が、どのような繊維が使用されているのかによって、布の種類も変わってくるのです。繊維には、自然界から作り出すことができる「天然繊維」と、人工的に作り出す「化学繊維」の2種類に大きく分類されます。

天然繊維の種類と特徴

自然界にあるものから作り出される「天然繊維」は、さらに「動物繊維」と「植物繊維」へと分類されます。動物繊維は、アレルギー反応を起こす人もいるので、取り扱いには気をつけなければいけません。では、天然繊維の代表格である4種類について、ご紹介していきましょう。

動物繊維である「毛」

b647da5cf15ac713da8a5d9825dcf4f1_s
「毛」は、別名で「ウール」とも表記されます。羊毛をはじめとし、獣毛であるアルパカやカシミヤ、キャメルなどがあります。厚みもあり、しっかりとした生地である一方、心地よい肌触りで、ぬくもりあるのある布です。

「毛」の特徴

・保温性に富んでいる。
・シワになりにくい。
・伸縮性と弾力性がある。
・水をはじく。
・湿気を吸収する。
・型崩れしにくい。
・毛玉ができやすい。
・水に濡れた状態でもみこむと縮む。
・害虫の被害にあいやすい。

「毛」の使用例

・冬用の衣服、小物
・マフラー
・セーター
・ブランケット
*トートバックなどの小物を作っても、可愛らしい風合いに仕上がるので、オススメですよ。

動物繊維である「絹」

kiji1
「絹」は、別名で「シルク」とも表記されます。絹は、蚕が繭を作る際に吐く繊維であり、1つの繭から1500mほどの糸を採取るすことが出来ます。天然繊維の中で、一番美しい繊維とも言われています。上品な風合いであるため、高級なイメージになります。

「絹」の特徴

・光沢があり美しい。
・肌触りが良い。
・保温性、保湿性に富む。
・しなやかであり、上品な風合い。
・軽い。
・よく染まり、色合いに深みが出る。
・紫外線に当たると、黄変することがある。
・摩擦に弱い。
・害虫の被害にあいやすい。
・水に濡れると縮みやすい。
・汗や雨により、色落ちすることがある。

「絹」の使用例

・和服
・ネクタイ
・スカーフ
・ブラウス
*シルクは、値段も高いため、作品を作る際には、一度違う布で練習してから作ることをオススメします。

植物繊維である「綿」

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s
人間の肌に優しい「綿」は、私たちにとってとても身近な繊維であると言えます。綿は「あおい科わた属」であり、美しい花を咲かせた後にできる「コットンボール」から採取して作られます。通気性が良く、肌に優しいことから、肌着などの直接皮膚に触れるものなどによく使用されています。その他、様々な製品に使用されており、ミシンを扱う際にも、手に入りやすく、縫いやすい布になります。

「綿」の特徴

・通気性が良い。
・静電気が起こりにくい。
・丈夫な素材である。
・柔らかく、肌触りが良い。
・吸湿性、吸水性が良い。
・漂白、洗濯が容易である。
・アイロンに耐える。
・シワになりやすい。
・燃えやすい
・縮みやすい。

「綿」の使用例

・肌着、下着
・各種衣服(様々なものへ使用されています)
・タオル、ハンカチ
・赤ちゃん用の衣服やグッズ
*肌に優しい布になるので、赤ちゃんはもちろん、敏感肌の人に適した布になります。

植物繊維である「麻」

782242d7e2830eabd759e497d5a28fcd_s
「麻」は、別名で「リネン」とも表記されます。植物の幹である、茎や葉から繊維を採取して作られます。こちらも、綿と同じように肌に優しく、使用することによって馴染んでくるため、様々な製品に使われる繊維となります。

「麻」の特徴

・冷感をもっているため、夏の製品に適している。
・強度があり、水に対しても強い。
・吸水性、吸湿性がある。
・速乾性に優れている。
・シワになりやすい。
・紫外線により、黄変することがある。
・染まりにくい。
・摩擦によって毛羽立つことがある。

「麻」の使用例

・夏用の衣服や小物
・ハンカチ
・シーツや枕カバーなど、肌に直接触れるもの
・バックやカゴ等
*麻の紐をつかったカゴバックや、帽子を編むこともできます。ポーチやランチョンマットなどの小物にも適しています。

用途によって適切な布を選びましょう

いかがでしたでしょうか。代表的な天然繊維の中でも、これだけの種類があります。お店やネットでも購入することができるものばかりですが、その質感、肌触りは全く違うため、用途も異なってきます。作りたいと思ったものが、どのような布を使用すれば良いのか、改めて確認してから、布を購入するようにしましょう。お店に立ち寄った時には、実際に触って、質感を確認して覚えておくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です