化学繊維を使用している布について〜 合成繊維編〜

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


前回までの記事では、天然繊維を使用している布と、化学繊維である再生繊維、半合成繊維を使用している布について、特徴や注意する点をまとめました。今回は、化学繊維の中でも取り扱いの多い「合成繊維」を使用している布についてご説明したいと思います。といっても、こちらも種類がたくさん分かれてくるので、細かく分けて説明したいと思います。

合成繊維の布とは?

合成繊維は、石油を原料として作られているものが多く、人工的に合成して作られたものになります。人工的に作ることができることから、安価であり、様々な衣料製品に使用されています。特徴や使用目的別に布を選ぶことで、より使用心地の良い作品を作ることができるます。

合成繊維「ポリエステル」

f243623_s2
最も生産量の多い繊維であるため、安価で手に入れることが出来ます。合成繊維の中でも、幅広く使用されている繊維であるといえます。

「ポリエステル」の特徴

・強くて丈夫である。
・シワになりにくい。
・型崩れしにくい。
・日光に強い。
・熱に強い。
・軽くて様々なもので使用しやすい。
・乾きが早い。
・吸湿性、吸水性が低い。
・静電気が起きやすい。
・油汚れが落ちにくい。

「ポリエステル」の使用例

・各種衣服
・裏地

合成繊維「ナイロン」

fabrichouseiseki_1238
化学繊維の中で、最も歴史の長い繊維となります。絹に似た風合いを持ち、衣料品以外でも使用されることの多い繊維である。

「ナイロン」の特徴

・弾力性がある。
・シワになりにくい。
・害虫に強い。
・軽い。
・乾きが早い。
・日光に当てると黄ばむことがある。
・静電気が起きやすい。

「ナイロン」の使用例

・スポーツウェア
・靴下
・各種衣服

合成繊維「アクリル」

39d4934b752089a41ecb46e6800c9d4a_s
ウールに似た風合いを持ち、肌触りも良いため、冬用の衣服において使用されることが多い繊維となります。手入れを気をつけていれば、とても便利に使用できるものです。

「アクリル」の特徴

・弾力性がある。
・軽くてかさ高である。
・シワになりにくい。
・保温性がある。
・色あせしにくい。
・強くて丈夫である。
・摩擦によって毛玉ができる。
・吸湿性が低い。
・静電気が起こりやすい。

「アクリル」の使用例

・セーター
・冬物衣服
・毛布やブランケット

合成繊維「ポリウレタン」

3d2614dee1aeaf41d463ace095aa53bb_s
伸縮性に非常に富んだ繊維であるため、ストレッチ素材として使用されることが多いです。ただし、ミシンで縫おうとすると、少し縫いにくいものになるため、作品を作るときには、丁寧に作業を進めていく必要があります。

「ポリウレタン」の特徴

・伸縮性に富む。
・強くて丈夫である。
・ゴムよりも劣化しにくい。
・シワになりにくい。
・軽い。
・熱に弱い。
・塩素に弱い。

「ポリウレタン」の使用例

・水着
・靴下
・ストッキング

種類によって特徴も違う

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した合成繊維だけではなく、様々な種類の布があり、その特徴は大きく変わってきます。ミシンで縫いやすい布があれば、縫いにくいものもあります。何か作品を作りたいと思った時は、その布の特徴をまずは抑えておくことが大切になります。手芸屋さんなどに足を運んだ際には、実際に様々な布を見て、触って確認しておくことをお勧めします。特徴が大き変わることはないのですが、作られている布の分厚さなどによっても、その風合いは変わってくるため、ある程度のイメージは頭に浮かぶようにしておくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です