知っておきたい手縫いの種類〜まつり縫いのやり方〜

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


こんにちは、ミシンレンタル屋さんです。

ズボンの裾やブラウスの袖口がほつれてしまい、困ったことはありませんか?ほつれを直せばまだ着ることができるため、捨てるのは勿体無い・・・ということもありますよね。裾や袖口がほつれを直す時に使用する縫い方が「まつり縫い」です。まつり縫いは、布の表には縫い目をほとんど見せることなく縫うことができます。やり方はとても簡単ですので、ぜひ洋服のお直しや、小物作りの時などに活かしてみてください。



まつり縫いのやり方

①まず、まつり縫いをする前準備として、布を三つ折りか完全三つ折りにしておきます。
まつり縫いする位置を三つ折りにする
②三つ折りにしたら、折った内側の部分に玉結びが来るように針を刺し、玉結びが見えないようにします。
三つ折りにした内側部分から針を刺す
玉結びが見えない箇所にあることを確認
③三つ折りのすぐ近くで、表布の織り糸(布を構成している糸)を1〜2本だけすくいます。
三つ折りのすぐ近くの布を確認
布の織り糸を1〜2本すくう
④そのまま針を三つ折りの裏側にスライドさせて刺し、表にだします。
三つ折りの裏から針を出す
針を出した状態を確認
⑤同じように、三つ折りのすぐ近くの表布の織り糸を1〜2本すくい先に進めていきます。
少し進んだ場所で同じように針を刺す
織り糸を針ですくう
三つ折りの裏から針を通す
同じ作業を繰り返す
⑥縫い終わりで玉止めをする時には、三つ折りの部分の布に針を刺して、三つ折りの内側で玉止めをすれば出来上がりです。
等間隔で針を縫い進める
玉止めの位置を確認する
表布には針を通さないように注意する
三つ折りの内側で玉止めをする
見えない箇所に玉止めがあることを確認する
縫い終わった状態を確認
表から糸が出ていないことを確認
これが、基本的なまつり縫いのやり方になります。裾上げを行う場合や、裾直し・袖口直しを行う時にも、このやり方で大丈夫です。

たてまつり縫いのやり方

*針を刺す位置を少しずらすことによって、糸が縦になる「たてまつり縫い」になります。アップリケを刺繍するときなどに使用するやり方になりますので、ご参考ください。
①まつり縫いと同じで、三つ折りをした布の内側部分に、玉結びが来るように針を刺します。
三つ折りの内側部分から縫い始める
②出ている糸の真上の部分で、表布の織り糸を1〜2本すくいます。
出ている糸の上部に針を刺す
織り糸を1〜2本すくう
③少し進んだ箇所で、三つ折りした布の内側部分から針を刺し表に出します。
針を少し先に進める
表に向かって針を刺す
④これを繰り返し、糸が常に縦線を描くように針を刺し進めていきます。
同じように上部に針を刺す
織り糸を少量すくう
三つ折りの向こう側から針を出す
同じ作業を最後まで繰り返す
⑤縫い終わりで玉止めをする場合は、通常のまつり縫いと同じように、三つ折りの内側にくるように針を刺します。
玉止めが三つ折りの内側に来るように針を刺す
三つ折りの内側で玉止めをする
たてまつりの出来上がり
まつり縫いの比較
針を刺す位置が均等であると、仕上がりがとてもきれいになりますね。まつり縫いをする際には、等間隔で縫うことに気をつけながら進めていくことと、表布の糸をすくう時に1〜2本のみにするよう気をつけながら行ってみてください。

動画で確認するまつり縫いのやり方

今回ご紹介したやり方は、こちらの動画でも確認することができます。ぜひ参考にしてみてください。

ミシンや手縫いに関するお役立ち情報

“まとめ記事”
当店ではこの他にも、ミシンや手縫いを行う際に知っておきたい裁縫の基礎・基本についてや、便利な縫い方やテクニックについてまとめた記事をご用意しています。「ジグザグミシンってどうやるの?」「ミシン糸の番号って?」「中表ってどういう意味?」など、基本的なことからお役い立ち情報まで記載しています。
作業中に何かわからないことが出てきた時などにもお役に立てるかもしれませんので、よろしかったらご参考ください。
「知っておくと便利♪ミシンや手縫いに関するお役立ち情報をまとめてご紹介」はこちらから確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です