どっちをレンタルしたら良い?コンパクトミシンとレギュラーミシンの比較

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


当店で取り扱っているミシンはいくつかありますが、「コンパクトミシン(PS202)」と「レギュラーミシン(LS700)」のどちらを使用すれば良いのか、お問い合わせをいただく事があります。今回は、それぞれのミシンで出来る事や適していることをまとめていきたいと思います。

コンパクトミシン(PS202)の説明


当店で扱っているコンパクトミシンの「ブラザー PS202」は、軽量でありながら基本的な機能が充実しているミシンとなります。コンパクトで持ち運びがしやすく、レンタル金額もお安いので気軽にご利用いただけるかと思います。簡単な小物であったり、薄地や普通地を使って何かを作るのであればコンパクトミシンで十分快適に作業を進める事ができると思います。デニム生地を縫うこともできるため、着なくなったデニムのリメイクなどにも使用することができます。ただ、レギュラーミシンと比べると作業スペースが狭く、モーターも若干弱いため分厚い布を取り扱う場合などは、コンパクトミシンよりもレギュラーミシンの方がより作業はしやすくなるでしょう。
*カーテンの裾直しなど、布の量が多いときもコンパクトミシンで作業を行うことはできますが、作業スペースが幅広であるレギュラーミシンを使用した方がやりやすいとは思います。
*コンパクトミシンの細かい説明については、こちらで詳しくご紹介しています。ステッチの種類なども詳しく紹介していますので、ご確認ください。

コンパクトミシンに適している作品

・薄地や普通地を使用したもの
(当店で取り扱っているベビースタイやポーチ、ハンドタオル、ハンカチなど)
・小物など、布の量が大量でないもの

コンパクトミシンのメリット

・軽量であるため、取り扱いが楽である
・基本的な操作が十分である
(ボタンホールを作ったり、まつり縫いや、アップリケを縫い付ける飾り縫いをすることもできます)
・操作が楽なので気軽にハンドメイドを楽しめる
・レギュラーミシンよりも値段が安い

コンパクトミシンのデメリット

・レギュラーミシンと比べて、作業スペースが狭い
・レギュラーミシンと比べて、作業音が大きい
・レギュラーミシンと比べて、モーターが多少弱い

レギュラーミシン(LS700)の説明


当店で扱っているレギュラーミシン「ブラザー LS700」は、コンパクトミシンと比べるとサイズも大きく重いものになるため、持ち運びがやや不便ではありますが、その分しっかりとしていて振動に負ける事なく安定して作業を進める事ができます。コンパクトミシンよりモーターも強いため、基本的な作業はもちろん、分厚い布を使った作品にもおすすめです。また、自動糸調子機能があるため、糸調子を自分で設定する必要がありません。その他、自動糸切り機能など、作業をサポートする機能が豊富なため、初心者の方にも使いやすいミシンでしょう。作業スペースも幅広になっているため、大きい布を使用するときにも、コンパクトミシンに比べて作業がしやすくなります。
レギュラーミシンの細かい説明については、こちらで詳しくご紹介しています。ステッチの種類も詳しく紹介していますので、ご確認ください。

レギュラーミシンに適している作品

・薄地から分厚い布まで、幅広い布地におすすめ
(当店で取り扱っている入学入園グッズなどキルティングを使用するとき)
・カーテンの裾直しなどの、大きい布を使用するとき

レギュラーミシンのメリット

・重量がある分、作業が安定する
・基本的な操作が十分である
(ボタンホールを作ったり、まつり縫いや、アップリケを縫い付ける飾り縫いをすることもできます)
・自動糸調子、自動糸切りなどサポート機能が多く初心者さんにも使いやすい
・コンパクトミシンよりモーターが強く厚い布が縫いやすい
・作業音が静かである

レギュラーミシンのデメリット

・重量があるため、持ち運びが大変
・コンパクトミシンと比べると、ステッチ数が少ない
・コンパクトミシンよりも値段が高い

どちらのミシンでも基本的に作業は可能

コンパクトミシンとレギュラーミシンの違いをご説明させていただきましたが、基本的にどちらのミシンでも作業は可能です。搭載しているモーターはレギュラーミシンの方が強いですが、極端に大きな差ではないので、コンパクトミシンでは縫えないけどレギュラーミシンなら縫える、といったことはあまり多くないでしょう。
選ぶポイントとしては「金額」と「機能面」かと思います。コンパクトミシンPS202は金額は安いですが、作業スペースが若干狭く、自動糸調子などのレギュラーミシンにある便利な機能が一部付いておりません。一方、レギュラーミシンLS700は、金額が高いですが広い作業スペース、自動糸調子や自動糸切りなど作業をサポートしてくれる機能が豊富なため使いやすいです。金額を取るか使いやすさを取るか、といった感じでしょうか。
ただ、もちろんコンパクトミシンPS202が使いにくというわけではありません。レギュラーミシンと比べると機能面では若干劣りますが、もともと使いやすいミシンのため、普通に使用する分には特に問題ないでしょう。より快適に作業したい場合はレギュラーミシンがお勧めといった形でとらえていただければと思います。

分厚い布はレギュラーミシンがおすすめ 針折れには気を付けて

コンパクトミシンPS202、レギュラーミシンLS700共に、帆布やデニムなどの分厚い布を縫うことも可能です。ただし、分厚いものを縫うときは、縫うスピードをゆっくりにするなど丁寧に進めることをオススメします。早いスピードで作業を進めていくと、針が折れる原因となるためお気を付けください。特に布を重ねて縫うところなどは、意外とすぐに針が折れてしまうようなこともあります。また、針は付属の厚地用の針に変更してお使いください。
搭載しているモーターはコンパクトミシンよりもレギュラーミシンの方が強いです。そのため、分厚い布を縫う際の縫いやすさはレギュラーミシンの方が上でしょう。レギュラーミシンは作業スペースが広くて安定感もあるため、どちらが適しているかと言えばレギュラーミシンLS700の方がお勧めかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です