中身が見えなくて安心♪口折れタイプのショルダーバッグの作り方

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数4000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


こんにちは、ミシンレンタル屋さんでございます。

今回は、口折れタイプのショルダーバッグの作り方をご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介する作り方は、入り口部分の生地をたたんでフタにすることができるバックとなりますので、中身が見えなくて旅行などにも安心して使えるバッグとなります。表布・裏布を合わせて作っているのでしっかりとした出来上がりになりますし、縫い代部分が内部に隠れるつくりとなるので仕上がりもきれいになります。

サイズや合わせる生地を変えるだけで、雰囲気はもちろん用途別にも作ることが出来ると思いますので、いろいろなパターンで作ってみるのもとてもおすすめとなります。

ハンドメイドにご興味がある方や、夏休みの自由研究など、ご参考いただければと思います♪

口折れタイプのショルダーバッグの作り方

*今回使用したミシンは、当店でも取り扱っておりますブラザーLS700という機種になります。自動糸調子機能がついているため、初めての方でも簡単に操作することができる人気の機種となっています。
レンタルをご希望の場合はこちらからご利用ください。

用意する物

今回製作するにあたって必要となるものは、以下のものになります。

・表布
・裏布
・肩ひも用布
・ポケット用布
・待ち針
・アイロン
・ミシンや糸
必要なもの

作りたいサイズに対して準備する生地の大きさ・裁断の計算方法

◎表布・裏布
→縦 ; (希望の縦の長さ + フタの長さ ) × 2 + マチの長さ + 2cm
→横 ; 希望の横の長さ + 2cm

◎ポケット布
→縦 ; 希望の縦の長さ + 3cm
→横 ; 希望の横の長さ + 2cm

◎肩ひも用布
→幅 = 16cm
長さ = 好みの長さ + 10cm

*今回の場合
(出来上がりサイズは縦20cm、フタの長さ10cm、横30cm、マチ10cm)
◎表布・裏布
→縦 ; (20cm + 10cm) × 2 + 10cm + 2cm = 72cm
→横 ; 30cm + 2cm = 32cm

◎ポケット布
→縦 ; 12cm + 3cm = 15cm
→横 ; 15cm + 2cm = 17cm

◎肩ひも用布
→幅 = 16cm
長さ = 120cm + 10cm = 130cm

裁断サイズ 裁断サイズ2

作り方

まずは肩ひもを作ります

①肩ひも用生地を、裏面を見えるようにして置き半分に折ってアイロンをかけます。
肩ひもを半分に折る

②折った生地を一度ひらいて、中央に向かって両はしを折りアイロンをかけます。
生地を開く

中央に向かっておる 中央に向かっておる2

③2つの先端部分を、裏に向かって1cm幅で折ってアイロンをかけます。
先端を折る

先端を折る2

④再度中央部分で生地を半分に折ってアイロンをかけます。
再度半分に折る

再度半分に折る2

⑤折った生地の両はし部分に、縫い代2〜3mmでミシンをかけます。
*生地が重なり分厚くなっている部分は、そのままミシンをかけると針が折れたり縫い進まずに同じ箇所を何度も縫ってしまう事があります。そのため、分厚い箇所を縫う時には、ミシンの右側にあるプーリーを手動で手前に回して生地の位置など調整しながら縫い進めたり、針上下スイッチを押して1針ずつ縫い進めるようにします。
両はしにミシンをかける

両はしにミシンをかける2 両はしにミシンをかける3

次にポケットを作ります

①ポケット用布を用意します。上部を裏面に向かって1cm幅で2回折りアイロンをかけます。
三つ折りにする

三つ折りにする2 三つ折りにする3

②折った部分にミシンをかけて固定させます。
上部にミシンをかける

③左右と下部にジグザグミシンをかけて、ほつれを防止します。
*ジグザグミシンのやり方については、こちらの記事をご参照ください。
ジグザグミシンをかける

ジグザグミシンをかける2

④左右と下部を裏に向かって1cm幅で折って、アイロンをかけます。
左右と下部を折る

⑤ポケットを縫い付ける本体布を用意します。上部を半分に折って中央に印をつけておきます。
本体布に印をつける

⑥生地の上部からポケットをつける位置までの長さを測り、まち針をさしておきます。
*ポケットをつける位置は、1cmの縫い代、フタとなる部分の長さ、そこからポケットまでの長さの3つを足して計算します。
長さを計算する

長さを計算する2

⑦まち針の位置にポケットの中央を合わせておき、まち針をさしなおします。
ポケットを置く

⑧他にもいくつかまち針をさして生地を固定させたら、左右と下部にミシンをかけてポケットを縫い付けます。
*左右上部の部分には、強度を上げるために三角に縫っておきます。
まち針をさす

ポケットを縫い付ける2 ポケットを縫い付ける

*裏布に内ポケットを付けたい場合にも、同じようにしてポケットをつけます。

表布・裏布をバッグの形に準備します

①本体布の表布を用意し、中表になるように半分にたたみます。
*中表についての説明はこちらをご参照ください。

表布を用意する 中表に半分にたたむ

②左右に縫い代1cmでミシンをかけます。
左右にミシンをかける

③縫えたら生地をひらいて角の部分が三角形になるようにたたみ、縫い代部分にアイロンをかけて割っておきます。
縫い代をわる

④生地が左右対称になるようにきれいに整えてから、三角部分にマチの長さぶんの線を引きミシンをかけます。
マチのミシンをかける

マチのミシンをかける2

⑤ミシン糸を切らないように気をつけて、三角部分の余分な生地を切り取ります。
余分な生地をきる

⑥生地を元の形になるように広げて整えます。
生地を整える

⑦本体布の裏布にも同じことをします。
中表に半分にたたむ

左右にミシンをかける 縫い代をわる マチを作る 生地を整える

表布に肩ひもを縫い付けます

①表布を表に返して用意します。
表布を表に返す

②本体布の後ろ部分に肩ひもを縫いつけます。本体布の上部から肩ひもを縫い付ける位置を計算して肩ひもをおき、まち針で軽く固定します。
*肩ひもは先端4cmを縫い付けるようになります。
肩ひもの計算

肩ひもの計算2 肩ひもの計算3

③肩ひもの先端を四角になるようにミシンで縫いつけます。バッグをミシンに被せて縫い進めていきます。
肩ひもを縫い付ける

肩ひもを縫い付ける2 肩ひもを縫い付ける3 肩ひもを縫い付ける4

仕上げに表布と裏布を合わせます

①裏のままの状態の裏布の中に、表に返した表布をしまい込みます。
生地をしまう

②肩ひももきれいに中にしまい、縫い代部分を合わせてまち針でとめます。
縫い代をまち針でとめる

肩ひもをしまう

③縫い代部分以外の生地も、まち針で4〜6本ほどとめます。
まち針でとめる

④袋口部分に端から1cmの位置で1周ミシンをかけます。ただし、15cmほどは縫わずに返し口とします。
ミシンをかける

ミシンをかける2

⑤縫い終わったら、返し口部分から生地を引っ張り出して表に返します。
生地を表に返す

⑥引っ張り出した裏布を表布の中にしまいこみ、袋口部分の生地をきれいに折って整えます。
生地を整える

生地を整える2

⑦生地がきれいに整ったら、袋口部分に1周ミシンをかければ出来上がりです。
仕上げ

仕上げ2 仕上げ3 仕上げ4

口折れタイプのショルダーバッグの作り方を動画で確認する

今回ご紹介した口折れタイプのショルダーバッグは、こちらの動画でも作り方を確認することができます。写真よりも見やすい部分もあるかと思いますので、ぜひご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です