裁縫の基礎〜スナップボタンの縫い付け方〜

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数4000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


こんにちは、ミシンレンタル屋さんです。

裁縫でスナップボタンを縫い付けることがありますね。スナップボタンは、凹凸(おうとつ)をはめ合わせて使うボタンで、穴が4つ空いています。しっかりととめることができるボタンのため、布にかかるストレスも強く縫い付けの際にちゃんと固定しておく必要があります。縫い方に一工夫をすることで、よりしっかりと縫い付けることができます。



スナップボタンの縫い付け方

*糸は一本どりで準備をしておきます。
①スナップボタンを縫い付けたい箇所に、1針分糸を縫い付けます。
スナップボタンを置く位置を確認
スナップボタンを置く位置で1針刺す
②玉結びを隠すようにスナップボタンを置き、穴のすぐ近くで針を刺します。
玉結びの上にボビンを置く
スナップボタンの穴のすぐ近くで針を刺す
③そのまま針を穴の中から出し引っ張ります。針を抜ききらずに、輪になった糸の向こう側から手前に向かって針をくぐらせて引っ張ります。
穴から針を出す
糸を引っ張ってできた輪を確認する
輪の向こう側から針をくぐらせる
針を輪にくぐらせた状態
そのまま糸を引っ張る
④これを1つの穴に対して3〜4回繰り返します。
同じように針を刺す
輪の中に針を通す
糸を引っ張り固定する
1穴に対して3〜4回同じことをする
⑤次の穴に移る時は、今縫っていた糸束付近に針を刺して次の穴のすぐ近で針を抜き出します。
隣の穴に移動する
⑥最初の穴と同じやり方で針を刺して穴から出し、輪に糸をくぐらせて引っ張り出します。
同じようにスナップボタンを縫い付ける
穴の近くで針を刺す
輪の中に針を通す
糸を引っ張り縫い付ける
⑦4つ目の穴まで同じようにして縫い付けていきます。
最後の穴まで同じことを繰り返す
⑧縫い終わりは、糸束付近で針を刺して1針分縫い玉止めをします。
縫った糸の近くに針を刺す
スナップボタンの近くで1針分縫う
玉どめをする
⑨見えている玉止めを隠すために、スナップボタンの反対側に向かって針を刺して出しスナップボタンの淵らへんで糸を切ります。
玉どめを隠す作業をする
玉止めのすぐ近くに針を刺す
反対側に向かって針を出す
糸を引っ張る
スナップボタンの淵で糸を切る
⑩同じようにして、もう一つのスナップボタンを縫い付けたら出来上がりです。
縫い付けた状態を確認する
もう片方のスナップボタンも縫い付ける

動画でも確認することができます

今回ご紹介したやり方は、こちらの動画でも確認することができます。ぜひ参考にしてみてください。

ミシンや手縫いに関するお役立ち情報

“まとめ記事”
当店ではこの他にも、ミシンや手縫いを行う際に知っておきたい裁縫の基礎・基本についてや、便利な縫い方やテクニックについてまとめた記事をご用意しています。「ジグザグミシンってどうやるの?」「ミシン糸の番号って?」「中表ってどういう意味?」など、基本的なことからお役い立ち情報まで記載しています。
作業中に何かわからないことが出てきた時などにもお役に立てるかもしれませんので、よろしかったらご参考ください。
「知っておくと便利♪ミシンや手縫いに関するお役立ち情報をまとめてご紹介」はこちらから確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です