刺繍ミシンを使ったイニシャルトートバッグの作り方

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


こんにちは、ミシンレンタル屋さんです。

トートバッグは普段使いもよく、プレゼントなどにも最適なハンドメイド作品でとても人気がありますね。無地のトートバッグも可愛いのですが、刺繍ミシンを使ってオリジナルのイニシャルトートバッグを簡単に作ることもできます。

当店でもレンタルのお取り扱いがあります、ブラザーから出ている刺繍ミシン「FE1000」を使って、イニシャルトートバッグを作る工程をまとめてみました。オリジナルのトートバッグを簡単に作ることができますので、夏休みの宿題などの自由研究や自由課題などにもオススメです。ぜひ、ご参考ください。
※刺繍ミシンはこの他にも、ブラザーさんから出ているparieも取り扱っております。ミシンのレンタルをご希望の方はこちらからご確認くださいませ。

また、当店では、この他にも様々なタイプのトートバッグの作り方をご紹介しています。また、作り方だけでなく、トートバッグを作る際に確認しておきたい基本情報もまとめていますので、ぜひご参考くださいませ。
トートバッグの作り方を徹底解説!作るための基本からおしゃれでかわいい人気レシピもまとめてご紹介

イニシャルトートバッグの作り方を動画で確認する

今回ご紹介するイニシャルトートバッグの作り方は、こちらの動画からもご確認いただけます。
動画も合わせてご参考いただけますと、より作り方の理解が深まり製作がしやすくなりますので、ぜひご利用くださいませ。

刺繍ミシンを使ってイニシャルトートバッグを作る

*今回使用するミシンは、ブラザーから出ているFE1000という機種になります。
レンタルをご利用する場合はこちらからご利用ください。

出来上がりサイズと裁断サイズ

まずは、完成サイズとそれに合わせた裁断サイズをご確認ください。

◎完成サイズ
・袋口横幅  約34㎝
・底の横幅  約28㎝
・袋口から底までの高さ  約23㎝
・持ち手の長さ  約30㎝
・ポケットの横幅  約10㎝
・ポケットの縦幅  約9,5㎝
出来上がりサイズ

◎裁断サイズ
・本体布  67×36㎝
・底布  36×31㎝
・ポケット布  12×30㎝
・持ち手布(×2) 72×12㎝

裁断サイズ 裁断サイズ

作り方

◎まずはポケット布の処理をします。

①ポケット布を半分に折って刺繍する場所を確認します。
*刺繍は輪の部分から10㎝以内の場所にします。
ポケット布を準備

ポケット布を半分に折る ポケット布の刺繍する位置を確認

②ポケット布を広げて、刺繍枠よりも大きいサイズの接着芯を用意します。接着芯の中央に刺繍する部分が来るようにポケット布を置き、しつけ(仮止め)をします。
ポケット布を接着芯にしつけする

③布を最初と同じように半分に折り、刺繍する位置を確認してチャコペンで印をつけます。
布を半分に折る

刺繍位置に印をつける

④布を広げて、印が刺繍枠の中央に来るように挟み込みしっかりと張ります。
刺繍枠に布を貼る

⑤刺繍枠をミシンに取り付けて、好きな文字を刺繍します。
*刺繍ミシンの基本的な操作方法小さい布への刺繍のやり方は過去の記事から確認できます。
ポケット布にイニシャルを刺繍する

⑥刺繍ができたら刺繍枠から布を取り外し、余分な接着芯を切り取ります。
余分な接着芯を切り取る

⑦ポケット布を刺繍が見えるように半分に折り、輪の部分に縫い代2〜3㎜でミシンをかけます。
*これでポケット布の準備はOKです。
布を半分に折る

輪の部分にミシンをかける

◎次に持ち手布を準備します。

⑧持ち手布を半分に折って、アイロンをかけます。
持ち手布を半分に折る

持ち手布を半分に折ってアイロンをかける

⑨一度開いて、両端部分を中央に向かって折りアイロンをかけます。
持ち手布を開いて端を中央に向かって折る

持ち手の端を中央に向かって折ったらアイロンをかける 持ち手の反対側の端部分も中央に向かって折りアイロンをかける

⑩中央部分でもう一度折って、アイロンをかけます。
持ち手を中央で折って再度アイロンをかける

⑪折った持ち手の両端部分に、縫い代2~3㎜でミシンをかけます。
持ち手の両端部分にミシンをかける

持ち手にミシンをかける

◎本体布に印をつけていきます。

⑫本体布の表面に次のように印をつけます。
*反対側にも同じように印をつけておきます。
本体布に印をつける

⑬印に合わせて持ち手おきます。
印に合わせて持ち手を置く

⑭持ち手にミシンをかけるときは、写真の赤の点線部分にミシンをかけます。
*端から4㎝の箇所にはミシンはかけません。
ミシンをかける箇所を確認する

⑮もう片方の持ち手には、ポケット布を下端を合わせるようにして被せておきます。
ポケット布を被せて置く

⑯ポケット布を持ち手の下に移動させて、ミシンをかける位置を確認したら待ち針で固定させます。
持ち手の下にポケット布を移動させる

ミシンをかける箇所を確認する ポケット布を待ち針で止める

⑰持ち手布を印に合わせておき、ミシンをかけます。
*持ち手布は分厚くなっているため、待ち針で固定させずにミシンをかけます。
*ミシンをかけるときは、持ち手布のミシン糸の上から被せるようにかけます。
ポケット布と持ち手の上からミシンをかける

持ち手を本体布に縫い付ける 本体布に持ち手をつけた状態 本体布に持ち手とポケットをつけた状態

◎次に底布を準備し縫い付けます。

⑱底布を写真のように裏面に向かって上下1㎝ずつ折ってアイロンをかけます。
*布は36㎝の辺が横向きになるようにおきます。
底布を準備する

底布の上下部分を折ってアイロンをかける 底布の準備をした状態

⑲本体布を底布を上下半分に折って印をつけます。
本体布を上下半分に折って印をつける

底布を上下半分に折って印をつける

⑳本体布の表に底布の裏が重なるようにして、印同士を合わせるように布を置きます。
本体布を底布の印を合わせる

印を合わせて布を重ねる

㉑底布を待ち針で止めて、縫い代2〜3㎜でミシンをかけて縫い付けます。
待ち針で底布を止める

底布にミシンをかけて本体布に縫い付ける 底布を縫い付けるときはミシンのスピードに気をつける

◎本体布を仕上げていきます。

㉒両サイド部分にジグザグミシンをかけて、ほつれ止めの処理をしておきます。
*ジグザグミシンのかけ方はこちらから確認できます。
両サイドにジグザグミシンをかける

㉓布を中表になるように上下半分に折って、両サイド部分を縫い代1㎝でミシンをかけます。
*このとき、袋口となる上下部分が綺麗に重なるよりも、底布部分の上下が綺麗に重なるように半分に折ることを優先させます。
中表になることを確認する

本体布を上下半分に折る 半分に折るときの注意点 縫い代1㎝でミシンをかける

㉔袋の中に手を入れて、底の部分が綺麗な三角形になるように広げてたたみます。
袋口から手を入れて布を広げる

三角形になるように布をたたむ

㉕アイロンをかけて縫い代を割り、三角形部分に12㎝の線を引きミシンをかけます。
縫い代を割る

マチになる12㎝の線を引く マチの部分にミシンをかける マチにミシンをかけた状態

㉖袋口部分を裏に向かって2㎝の幅で2回折り、アイロンをかけます。
袋口を2㎝の幅で2回折る

折った箇所にアイロンをかける

㉗折った部分に写真のように1周ずづミシンをかけます。表に返したら出来上がりです。
袋口にミシンをかける

縫い代部分は開いてミシンをかける 表に返したら出来上がり

まとめ

今回は刺繍ミシンを使ったイニシャルトートバッグの作り方をご紹介いたしました。
今回はイニシャルを刺繍しましたが、自分好みのデザインを刺繍したり、メッセージを入れたりすることもできます。刺繍の出来上がりもとてもきれいですので、ご興味のある方は刺繍ミシンにぜひトライしてみてください。
出来上がりサイズはB4サイズのものを収納することができ、マチもしっかりあるのでお弁当や水筒を入れることもできます。使いやすいサイズとなっていますので、ぜひご参考くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です