三角マチのリバーシブルトートバッグの作り方

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


この記事では、リバーシブルで使うことができるトートバッグの作り方についてご紹介します。

こちらのトートバッグの作り方は、三角マチができる作り方となっているため、普通のトートバッグよりも少しアクセントのきいた仕上がりとなります。マチの部分の生地の出方を考えて生地を選ぶのも楽しいですし、リバーシブルで使えるものになるため、自分好みのオリジナルなバッグを作ることができます。

簡単な作り方となっていて、1時間ほどで作ることができますのでぜひ参考にしてみてください。

また、当店では、この他にも様々なタイプのトートバッグの作り方をご紹介しています。また、作り方だけでなく、トートバッグを作る際に確認しておきたい基本情報もまとめていますので、ぜひご参考くださいませ。
トートバッグの作り方を徹底解説!作るための基本からおしゃれでかわいい人気レシピもまとめてご紹介

作り方を動画で確認する

今回ご紹介するリバーシブルトートバッグの作り方は、こちらの動画からもご確認いただけます。
動画も合わせてご参考いただけますと、より作り方の理解が深まり製作がしやすくなりますので、ぜひご利用くださいませ。

リバーシブルで使える三角マチトートバッグの作り方

*今回使用したミシンは、当店でも取り扱っておりますブラザーLS700という機種になります。自動糸調子機能がついているため、初めての方でも簡単に操作することができる人気の機種となっています。
レンタルをご利用する場合はこちらからご利用ください。

作りたいサイズに対して準備する生地の大きさ

*裁断方法
◎本体布(表・裏の2枚共)
→縦;(希望の縦の長さ + 1cm) × 2 + マチの長さ
→横;希望の横の長さ + 2cm + マチの長さ
◎持ち手布(表・裏各2枚ずつ)
→縦;希望の持ち手の長さ + 2cm
→5cm

*今回の場合
(出来上がりサイズは縦24cm、横22cm、マチ8cmです)
◎本体布(表・裏の2枚共)
→縦;(24cm + 1cm) × 2 + 8cm = 58cm
→横;22cm + 2cm + 8cm = 32cm
◎持ち手布(表・裏各2枚ずつ)
→縦;18cm + 2cm = 20cm
→5cm

作り方

まずは持ち手を作っていきます

①持ち手布の裏面を上にして置き、上下を1cm裏に向かって折りアイロンで癖をつけます。

②表布と裏布をそれぞれセットにして、折り目が内側に入り込むようにして重ねます。

③端から2mmほどの位置でミシンをかけて生地を縫い合わせれば、持ち手布は完成です。
*ミシンをかけるときは必ず最初と最後の部分に返し縫いをしてほつれを防止して下さい。
*折った部分を重ねているため、待ち針を刺すとずれやすくなってしまいます。待ち針は使用しないでずれないように丁寧にミシンをかけてください。

次に本体布に持ち手布を縫い付けます

*持ち手布を縫い付ける本体布は、どちらを使っても大丈夫です。
①本体布の上下部分に、中央の位置で印をつけます。印をつけるときは生地を表面にしておきます。

②中央の印から、持ち手をおきたい長さを計って印をつけます。
*左右均等になるように印をつけます。
*今回は中央から左右6㎝ずつの位置に持ち手がくるようにします。

③印の位置に持ち手を置き、端から3〜5㎜程の位置でミシンをかけて縫いつけます。
*持ち手は、縫い付ける本体布とは反対の面が上にくるようにして置きます。

本体布を縫い合わせて仕上げていきます

①本体布を中表になるように半分に折ります。

②半分の折り目の位置にチャコペンで印をつけます。

③生地を広げ、中央の印から上下にマチの長さぶん計って印をつけます。
*今回はマチが8cmなので、上下に8cmずつ計って印をつけます。

④生地をもう1度中表になるようにたたみ、マチの長さの位置にある印に待ち針を刺します。

⑤待ち針が刺せたら、輪の部分を待ち針部分に入れ込むようにしてきれいにたたみます。

⑤生地がたたまれた状態で、両サイドに縫い代1cmでミシンをかけます。

⑥縫い代部分を開いて、アイロンをかけて割っておきます。

⑦もう1枚の本体布も、同じように印をつけて生地をたたみミシンをかけます。縫い代部分も同様にアイロンをかけて割っておきます。

⑧持ち手がついていない方の本体布をひっくり返して、表にします。

⑨持ち手がついている方の本体布の中に、ひっくり返した本体布をしまい込みます。
*生地が中表になるように重ね合わせるようになります。

⑩縫い代部分を合わせて、待ち針で止めておきます。

⑪他の部分も4〜5箇所ほど待ち針を刺してとめておきます。

⑫脇の部分に10cm程の返し口を残して、縫い代1cmでミシンをかけます。

⑬返し口部分から布を表に返します。

⑭片方の生地をもう片方の中にしまい込みます。

⑮返し口部分を1cm内側に折り込んで重ね、袋口部分の生地をきれいに整えます。

⑯袋口部分に端から2〜3mmの位置で1周ミシンをかけます。
*縫い始めと終わりの位置がずれないように気をつけてください。

⑰余分な糸などを切ってきれいに整えたら出来上がりです。

まとめ

今回ご紹介したトートバッグはいかがでしたでしょうか。
リバーシブルで使えるため便利ですし、マチの部分の仕上がりもポイントとなります。生地の組み合わせ方を考えるのも楽しい時間となると思いますので、興味のある方はぜひ作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です