縁かがり、縫い合わせに大活躍!ロックミシンの特徴について

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数9000人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


ミシンには色々と種類がありますが、その中でも家庭用ミシンを使っている方が多いのではないでしょうか。家庭用ミシンでも楽しくハンドメイドをすることができるのですが、より快適に作業を進めるために「ロックミシン」を使ってみるのもオススメです。

ロックミシンとはどんなミシン?

ロックミシンとは、普通の家庭用ミシンとは違って布の縁の処理を専門とするミシンになります。縫い合わせや縁処理が得意なことから洋服を作るときに特に活躍し、仕上がりをよりきれいにすることができるでしょう。

今回は、ロックミシンの特徴とどのような時に使用すると良いのかについてまとめてご紹介したいと思います。ハンドメイドのご参考になればと思います。

ロックミシンの特徴

布の縁のかがりがきれいにできる

縁かがりをした写真
ロックミシンの代表的な特徴といえばこれになるでしょう。

布は、裁断した後に縁の部分からどうしても糸がほつれてきてしまいます。その部分をほつれなくするためには糸でかがっていく必要がありますが、手縫いで行うのは困難です。そこで家庭用ミシンなどのジグザグや裁ち目かがりを使って布端の処理をしていくのが一般的な処理方法となります。

しかし、よりきれいに楽に、そして丁寧な処理を行ってくれるのがロックミシンです。ロックミシンには、布をカットするための刃がついています。この刃で布を裁断しながらそのまま縁をかがる処理を行ってくれるためスピーディーに作業を進めることができます。また、その仕上がりはごわつきもなく滑らかな仕上がりとなるので、見た目にも美しいものになります。

伸縮性のある布にも使える

伸縮性のある布や洋服
ニットなどの伸び縮みしやすい布端を家庭用ミシンで処理しようとするのはとても難しくなります。ミシンで縫っている最中にずれてしまったり、よれてしまうこともあり綺麗に処理することができないことが多いです。

しかし、ロックミシンは、その布の伸縮に合わせて布の端をループ状にかがることができます。家庭用ミシンでは取り扱いの難しい伸縮性のある布に対しても十分に対応できるように作られているため、きれいに布端をかがってくれます。

洋服の袖口やスカートやシャツの裾など、きれいに見せたいところもしっかりと処理することができるのは、家庭ミシンにはない大きなメリットとなります。

薄い生地を縫うのにも適している

薄い生地
生地が薄い布端の処理を家庭用ミシンで行うのも難しいですね。縫っている最中に引っ張られてしまって布がつってしまったりよれてしまうことがあります。

ロックミシンは、布に合わせて伸縮しながらかがっていくことができるため、ニットのかがりと同様に薄い生地に対しても得意なミシンとなります。布端の部分によれができないぶん、すっきりとした仕上がりになるため夏用の衣服などの製作にも便利に使用することができます。

布を縫い合わせるのにも便利

裁縫中のイメージ
家庭用のミシンで布を縫い合わせることもできるのですが、その際にはそれぞれの布の端処理をジグザグなどで行った後に縫い合わせることになります。そのため縫う量が多く、時間を要する作業となってしまいます。

その点ロックミシンは、2枚の布の縁をかがりながら同時に縫い合わせることができるため面倒な手間をかけなくて済みます。よりスピーディーできれいな作業を行うことができるため、家庭用ミシンのお取り扱いに慣れてきた人がロックミシンを使って作業をすると、その便利さがより実感できると思います。

ロックミシンと特に相性が良い布

どの布を扱ったとしても、縁のかがりを行う際にはロックミシンを使用する方が家庭用ミシンよりもきれいな仕上がりになります。また、上記でもご説明した通りロックミシンには布を裁断する刃がついているため、裁断と同時にかがっていくことができ作業をより楽にしてくれます。

メインの機能としてはこの「布端のかがり」になるのですが、布を縫い合わせる際にもロックミシンは便利に使用することができます。ロックミシンで縫い合わせるのに適した布があるので、ご説明していきたいと思います。

ロックミシンで布を縫い合わせる時に適している布

ニット

ニット
伸縮性の大きいニットは、家庭用ミシンで縫うのは少し難しい布となります。ただの直線縫いでニットを縫い合わせようとすると、縫い目の部分は伸び縮みがしないようになってしまいます。この状態で縫い合わせた部分に対して圧がかかると、縫い目から布が破けてしまったり、縫い目部分が広がってしまうことがあるため家庭用ミシンでの縫い合わせはオススメしません。

ロックミシンを使用すると縫い合わせた部分も布に合わせて伸縮できるようになるため、ニットの縫い合わせに関してはロックミシンの方が相性が良いと言えるでしょう。

キュプラやレーヨンなどの裏地

キュプラヤレーヨンの写真
コートやワンピースの裏地として使用することが多いキュプラなどの布は、薄い上にツルツルとして滑りが良いため家庭用ミシンでの取り扱いが難しくなります。そのため、布に合わせて伸縮するように作動してくれるロックミシンでの縫い合わせの方が作業がやりやすくなります。

縫い合わせ部分が伸縮しても良いのであればそのままの処理で良いですが、伸縮しない仕上がりにしたい時にはロックミシンでの処理を行った後に家庭用ミシンの直線縫いをかければ大丈夫です。このようにすることで、よりほつれにくく丁寧な仕上がりとなります。

当店ではロックミシンのレンタルも取り扱っております

当店では家庭用コンピューターミシンはもちろん、ロックミシンのレンタルも行なっております。購入前に試してみたかった方や、急ぎで使いたい場合などぜひお気軽にご利用してみてください。
ロックミシンをレンタルする

ミシンの操作方法や基本事項をまとめてご紹介しています

まとめ記事
当店では、様々な種類のミシンを取り扱っております。
各ミシンの操作方法や機能性について、これまでにもブログを通して色々とご紹介してきましたが、ご覧いただきやすいように1つの記事にまとめたものをご用意致しました。各機種の糸の掛け方や、操作方法についてご紹介していますので、ミシンをすでにご利用いただいている方はもちろん、レンタルをしてみようかご検討中の方にも、ご参考いただければと思います。
「ミシンの操作や準備について!各機種ごとにまとめてご紹介」はこちらから確認することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です