子どもの入園・入学グッズを作るのに適した布

----------------
おかげ様でミシンレンタル屋さん公式Youtube登録者数1万人を突破!
ミシンの使い方や裁縫レシピを公開しています☆
よろしければぜひチャンネル登録を♪
ミシンレンタル屋さんYoutubeチャンネル

ミシンのレンタルご予約は下記サイトより行えます☆
ミシンレンタル屋さん
----------------


お子さんが幼稚園や保育園、小学校に入る時にはいろいろと準備するものがありますね。手提げバッグや上履き入れ、給食袋やお弁当袋などが必要になってくるかと思います。

市販で売られているものを用意しても良いでしょうし、せっかくだから手作りしようという人もたくさんいると思います。また、園や学校によっては手作り品でなければいけないという指定があるところもあります。

今回は、そんな入園・入学グッズを作る時に適した布の種類についてまとめてご紹介していきたいと思います。

入園・入学グッズに適した布、良く使われる布

キルティング

キルティング
薄い綿を二枚の布ではさみ刺繍で固定した布のことをキルティングやキルトと言います。

しっかりとした厚さとクッション性があり、かなり丈夫な布となります。そのためキルティングを使って作った通園バッグなどは、長く使用することができ人気があります。

通園・通学グッズを作る時の定番の布となるため、柄や色、プリントの種類などもたくさんあり子どもの好きな布を選ぶこともできるでしょう。

厚みがあるため、ミシンで作業をする時には布の分厚さに気をつけながらスピードをゆっくりにしたりするなど、工夫しながら進めることをおすすめします。

綿(コットン)

綿(コットン)
コットンは様々なものに使用される生地であるため、1番身近な布の種類であるともいえるでしょう。

使用頻度が高いことから柄や色、プリントの種類は豊富に用意されています。肌触りが良く洗濯もしやすいことから、日常的に使うものに使用すると良い布です。そのため、通園・通学グッズはもちろん、体操着入れや給食袋などにも適している布であると言えますね。

ただし、生地が薄いものも多いため、コットンだけで仕上げようとすると通園バッグなどは薄い仕上がりになってしまい使いにくくなってしまうかもしれません。薄い生地のコットンを使用する場合には、接着芯で補強したり裏面にキルティングを合わせて使用するなど工夫すると良いでしょう。

麻(リネン)

麻(リネン)
麻は軽くて通気性も良い上に、丈夫なしっかりとした布です。そのため、バッグなどに使用すると相性が良いでしょう。

麻布の中でも種類が色々とあり、生地によって薄かったり分厚かったりと違いがあるため、実際に見て触って布選びをするのがオススメです。

水に濡れると縮みが出てしまうこともあるため、あらかじめ水通しをしておいたり、雨の日に使用する場合には雨よけのカバーを使用するなどの工夫をするとより長く使うことができます。

ナチュラルなカラーのものが多いため、落ち着いた仕上がりにしたいときなどには特におすすめの布となります。

帆布

帆布
帆布とはその字の通り、帆に使う布になります。

元の素材は綿や麻が使われているのですが、かなり丈夫な作りとなっているため強い衝撃を受けたり引っ張ったりしても、壊れることなく長く使用することができます。

帆布には号数がついていて、1号から11号までの種類に分かれています。この番号の違いは、使用されている糸の太さや種類が違っていて号数の番号が小さいほど生地が厚くなり、番号が大きいほど生地が薄くなります。

バッグなどに使用するのならば8〜11号を使うことが多いのですが、実際に触ってみないと正確な雰囲気はわからないため、しっかりと見て生地の感触を確認して購入するのが良いと思います。

デニム

デニム
ボトムスのジーンズなどに使用されているデニムは、身近な布なのでご存知の方も多いかと思います。

デニム生地もかなりしっかりとしたものになりますので、通園バッグなどに使用するのはオススメです。また、男女問わずに使用できるファッショナブルな生地になるため、定番の人気な生地であるとも言えます。

デニムといえば青色を基調としたものを思い浮かべると思うのですが、プリント加工されているものもあるので、違う色やデザインを選んで使ってもおしゃれで丈夫な仕上がりになります。

ただし、ものによっては色落ちしやすいものなどもありますので、雨の日の使用や洗濯などの際には注意が必要となるでしょう。

雨対策をするのに適した布

水を弾く布
ランドセルや手提げバッグなど、雨に濡れないようにしたいなと思った時にはカバーなどをかけると良いですね。ランドセルカバーなどを作る際に適している布があるのでご紹介します。

ラミネート加工の布

布の表面をビニールコーティングした布がラミネート加工した布になります。水を弾いくれるため染み込むことがないので、様々なものの雨よけに使えます。

ただし、加工してあることから布が硬くなっているため縫う時には慎重に作業を進める必要があります。ミシンの押えはテフロン押えを使うなど、工夫した方が良いでしょう。布を重ねて縫うときなども、クリップなどで布を挟み固定すると縫いやすくなります。

ナイロン

傘やスポーツウェアなどに使用されている布になります。撥水加工がされているものが多いため、雨よけグッズを作るのに適している布と言えます。

軽くて家庭用のミシンでも縫うことができ、色やデザインもたくさんあるため好みの布を見つけることができるでしょう。

ただし、撥水加工の効果が使用しているうちに弱くなってくることもあるため、途中で防水スプレーなどをかけてケアをしていくなどの工夫はした方が良いかもしれません。

手作りする時にはキットもおすすめ

入園入学セット
お子さんの新しいスタートに合わせていろいろなグッズを準備するのは大変ですが、思いを込めてプレゼントしたものであればきっと子どもも喜んでくれるのではないでしょうか。

しかし、一から作るのも慣れてないとなかなか手間がかかるものです。作らなければならないものが多いけれど、あまり時間が無いという場合や、手づくりになれていないという方はキットを利用する方法もあります。必要な材料や作り方の用紙がセットになっているキットは、時間の節約をしたい方や手作りにあまり慣れていない方にはおすすめです。

当店でもこちらの「itoori 入園入学キット」を取り扱っています。布はかわいい柄がプリントされた綿を使用しています。手提げバッグとシューズ袋はキルティングと綿を合わせて仕上げることができるものになっていますので、より丈夫な仕上がりとなります。

動画で作り方もご紹介していますので、よろしければご参考ください。

お気に入りの生地を選んで楽しくハンドメイド

いかがでしたでしょうか。入園・入学グッズに使える生地はいろいろありますが、使用する生地によって仕上がりの雰囲気も大きく変わるので、ぜひお気に入りの生地を探して作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です